国内・海外の航空券・ホテル・ツアー
総合旅行予約サイト

APトラベルサービスのトラベルトピックス

今年の年越し&正月はどう過ごす!?世界各国の正月の過ごし方!

除夜の鐘を聞きながら、年越しそばを食べて…日本ならではの年越しの過ごし方ですが、世界ではどんな年の越し方をしているでしょうか?

アメリカ

アメリカ

アメリカで年越しと言えば、ニューヨークのタイムズスクエア!
世界一有名なカウントダウンイベントではないでしょうか?

世界中から100万人もの人が集まるとか!?
花火がバンバン!有名アーティストのライブがガンガン!

いや~一度は行ってみたいですね~♪

しかし、カウントダウンの際に中心地にいる為には、氷点下のニューヨークで31日の朝(もっと早くも…)から場所取りをしなければなりません。
しかもトイレもない!!!笑 ちょっとした罰ゲームですよね…

しかーし!!お金を払えば、近くにいけちゃうんだとか!!
そのお値段199ドル(約24,000円)!!

ええーい!金で解決だ!!!

中国

中国

中国では、祝日が旧暦で表されるため、タイミングが毎年異なるので注意!
なので、会社によっては1月3日などは通常通りの仕事をし、お正月ムードでない所もあるそう。

ですが、旧正月を迎えるにあたり、中国でも中国版「紅白歌合戦」があり、歌だけではなく雑技、漫才、踊りありの中国人にとっては不可欠の番組が!

そして年が明けると、まず最初に“爆竹”爆竹は中国での魔除けの意味があるそう。

爆竹を鳴らしまくって旧年を送り、素晴らしい一年のスタートを切ったぞーという気分になるらしいです!

スペイン

スペイン

スペインのクリスマスは、イブの12月24日から国の祝日である1月6日の公現祭までの約2週間。
クリスマス中のイベントなので、年越し&正月はクリスマスに押されてあまり存在感がないらしい。笑

ですが、もちろんカウントダウンをして盛り上がります!
家で過ごす人や外で過ごす人…さまざまな過ごし方があるそうです。

いろんな過ごし方をするスペインですが、絶対欠かせない事が、
『12時の鐘とともに12粒のブドウを食べて新年おめでとうと言う』事!
12粒は新年の各月を表していて、12粒食べると1年間良い事があると言われている。

そして、大晦日に夜更かしをしたせいで元旦は大人しくしてる場合が多いんだとか!
クリスマスに敗れし正月!ちょっと悲しいですね笑

デンマーク

デンマーク

年明けの瞬間に、椅子から飛び降りる事によって悪運を追い払い幸運を引き寄せる事が出来るんだとか!
え…シュール!!!笑

さらに、ドアにお皿を思いっきり投げつけるという風習も…
大晦日にはいらなくなったお皿を知人や友人宅の玄関に投げつける事により、その投げられた家の人に幸運が訪れるらしい。
お皿の投げられた数が多ければ多いほど、人望や交友関係が広い目安に!

『私の家一枚も投げつけられてない…』なんて事があったら、新年早々立ち直れないかもしれないです。。笑

エストニア

エストニア

エストニア人は元旦に7回食事をするそう。
新年に豊富な食料を確保できるように!という願いを込めて、食べる!食べる!食べる!

どんなにダイエット中の人でも、正月の時はいったん休憩しないといけなさそうですね!

ペルー

ペルー

大晦日には、なぐり合う!笑それが大晦日の過ごし方だそう。
自分が許せない相手と殴り合うと言う暑い祭りが開催されます!

え…怖すぎるんですけど…笑

そして、カウントダウンに向けて、夕暮れから爆竹の音が徐々に鳴り響き…12時に近づくとそれは最高潮に!
人々は飲みながら朝まで踊り続け…街じゅうが異様な興奮につつまれ…
徐々にヒートアップして、古い家具に火をつける人多数!あちらこちらから火の手が上がり、時には家まで燃え上がる始末。

いやいや、祝福ムードというより暴動ですよ、それ…

そんな大乱闘の大晦日が終わって、元旦を迎えると『さぁ始まるぞ!』というより、
『やっと終わった…』という様な静かな朝を迎えるのだそう。

イラン

イラン

イランのお正月は、日本の春分の日と同じ日にあたります。
天文学的に正確な春の始まり=新しい年の始まりと考えるそう。

イランのお正月には、「ハフトスィン(Haft Sin)」という飾り物が不可欠。
イランでは『7』という数字に神聖な意味があり、『S』から始まる植物を『7』つ飾る風習があります。

日本のおせち料理と同じ様な感覚ですよね!?
というのも、イランでは正月は親戚・友人と正月を祝い、お年玉をあげ、新しい服を着るなど、日本に良く似た風習がたくさんあるんだとか!

日本

日本

皆さんご存知、日本の正月。
年越しそばを食べて、除夜の鐘をきいて、初詣に行き、おせちを食べる…etc

そんな中でも、世界から見ると『108の除夜の鐘』が珍しいのではないでしょうか?

外国人から言わせると、『なぜ、108?』『100の方がキリがいい!』等の声もちらほら…
仏教の教えによれば、人間には108つの煩悩があり、その108の煩悩を全て振り払う為と言われています。

日本の年越し&正月の過ごし方は、どちらかと言うと静かにしっぽりと過ごすのが伝統的ですよね!?

みんなで広場に集まり花火を上げるなんていう風習はここ最近だと私は思います。
みなさんは、どんな年越し&正月の過ごし方をご予定ですか?

今がオススメ! ハワイツアー
今がオススメ! 韓国ツアー
今がオススメ! ロシアツアー
今がオススメ! イタリアツアー
今がオススメ! 香港ツアー
  • 各国のツアー情報満載! 海外ツアー予約
  • 毎日がお得! 格安航空券スペシャルフェア

ページトップ